データレスキューセンターなどデータ守るプロフェッショナル!

女性

データで運搬作業の合理化

パソコン

トラックに積載するデータ集計装置であるデジタコについて解説を行っています。デジタコ搭載車のメリットについて、また自動車事故などのトラブルが発生した場合においても深刻化を防ぐための工夫について紹介しています。デジタコによるデータ回収によって業務合理化とトラブル防止に役立ちます。

Read More

万が一のためのデータ再現

パソコン

データが破損した場合には、勿論データ修復を行う必要があります。パソコン上の修復ソフトで直せる場合もありますが、そもそもハードディスクが認識しない場合には専門業者に依頼しましょう。

Read More

共有という情報管理方法

パソコン

文書の保存や管理に手間を惜しんでいた時代は終わっています。インターネット上のファイル共有を利用することで、無駄な人員を避けることができ、作業の効率化に力を注ぐことが可能です。情報の多様化に伴い、これからも情報の共有化が必要となります。

Read More

記憶メディアが故障したら

データの紛失や破損に対応してくれるデータレスキューセンターが評判を集めています。パソコンやスマホを使用している方必見のサイトがこちら!

SSDにも対応

サラリーマン

データレスキューセンターは、高い技術力と安心の低価格で日本トップクラスのシェアと実績がある会社で、起動しない・故障したHDD、認識しないUSBメモリ・SDカードなどの多種多様な記憶メディアからデータを取り出すサービスを行っています。対応メディアはHDD、RAID構成HDD、各種光学メディア、メモリーカード、OS(Windows、DOS、Mac OS、LINUX、UNIXなど)、SSD、ビデオカメラなど非常に広範囲をカバーしています。近年ではSSDの低価格化も進んできているため、今後はSSDのデータ復旧・復元の需要が高まってくるものと予想されます。SSDはHDDに比べて容量が少なく、書き込み回数に上限があるなどの課題があります。また、HDDに比べてデータ復旧のノウハウが確立されていないため、データを失う危険性は決して少なくありません。できるだけバックアップを取りながら日常の作業を行うべきですが、もしものときはデータレスキューセンターに復旧を依頼してみると良いでしょう。

格安固定料金で対応

データレスキューセンターは、初期調査を無料で行ってくれます。調査結果は媒体の到着後48時間以内に報告されます。調査後に「見積書」と「復旧可能なデータリスト」を作成されますから、それを確認してから復旧作業を行うかどうかを判断できます。復旧可能な場合でもキャンセル可能です。また、成功報酬になっているため、万が一復旧できなかった場合には復旧費用が発生しません。次に料金についてです。論理障害(電気的・機械的な損傷でないトラブル)の場合、HDDは25,000円又は50,000円、メモリーカード類では10,000円又は20,000円と格安固定料金になっています。物理的な障害の場合、HDDは80,000円、メモリーカード類は30,000円の格安固定料金です。また、重度の物理障害でも低価格で対応してくれますので、安心して依頼できるでしょう。HDDなどの記憶メディアの復旧が必要なときは、データレスキューセンターへ依頼することを検討してみてください。

お得な料金でデータの管理を行ってくれます。クラウドをバックアップしてもらおう。沢山の企業で導入されているシステムとして注目を集めています。

企業の大切なファイルなどを共有するためにも、ファイル転送を手頃にできるシステムを導入するといいでしょう。

大切なデータをなくしてしまった場合は、データ復元を行なってくれるこちらの専門の業者を活用するといいでしょう。